絵本 と大判焼 トロフィー
ホーム絵本大判焼きポストカードトイ一般書掲示板ペンギンお店案内お問い合わせイベント貸したな
こぐれけいすけ
福田寛
のぐちちひろ 介護絵本
いま、地方で生きるということ
夏の絵本
赤ちゃん絵本
ちいさなおはなしかい
赤ちゃん絵本

赤ちゃんは絵本が大好き。
それは大好きな人が愛情をこめて読んでくれるからです。
1つの絵本を通しての共通体験はお互いの心に深く残り刻まれることでしょう。
一日の中でほんの少し絵本を開く時間が持てたらいいなと思います。

 繰り返し読める親と子のファーストブックをご紹介します。











「はじめてのこぐまちゃん」  わかやまけん こぐま社

明るい色彩の絵と短い言葉にあかちゃんでも驚くほど興味を示します。
厚紙の丈夫な本であかちゃんがページをめくりたがっても大丈夫。
親子のファーストブックにおすすめ。

 
「おつきさまこんばんわ」 林明子 福音館書店

 ここちのいいリズムの文章はあかちゃんはもちろん
大人にとっても気持ちのいいものです。
親子で絵本の良さを味わってください。
そしたら子供は夜空におつきさまを見つけたら必ず
「おつきさまこんばんはだ!」というでしょう。




 
「くだもの」 平山和子 福音館書店

くだものをまるごと描いたページをめくると、
「さあ どうぞ」と切り分けられたくだものがさしだされます。
毎日おかあさんがやってくれることが絵本の中にもありました。
だからあかちゃんも安心して絵本を楽しんでくれると思います。
それからなんといっても描かれたくだもののおいしそうなこと。
だれもが思わず手を伸ばすのに納得します。 


 
 「ねないこ だれだ」  せなけいこ 福音館書店
「いやだいやだ」  

タイトルからすると
はやくねよう、言うことをきこうなんてことを教える本のようですが
じつはそんな甘くはありません。
ほんとこわいおそろしい本です。
                                                               でもこどもはこういうのが大好き。
                                                               こわいけど何回も見たくなってしまうんです。



ホーム絵本大判焼きポストカードトイ一般書掲示板ペンギンお店案内お問い合わせイベント貸したな